影響力の罠に対する防衛法とは?

大成信一朗です。

こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか

 

「人が自分のまわりの人たちに強く影響を受けることはわかったけど、その罠から自分を守る方法はないの?」

自分が気づかないうちに影響を受け、行動を誘導されていたら何だか怖いですよね。

では、どうやったら自分を守ることができるのでしょうか?

 

今回はそんなあなたへ、書籍「影響力の武器【第三版】なぜ、人は動かされるのか」から「防衛法」について解説します。

では早速いきましょう!

 

影響力の罠に対する防衛法とは?

結論、どういうときに社会的証明の原理が間違えるのかを意識することが重要です。

社会的証明の原理とは、自分の判断よりも他人の判断を優先してしまうことをいいます。

そして、この社会的証明の原理は飛行機でいう自動操縦のようなものです。

日々、数多くある決定事項を正しく処理できるように私たちに情報を提供してくれます。

しかし、提供してくれる情報が常に正しいとは限りません。

社会的証明の原理は誤ったデータが原因で役に立たなくなってしまうこともあるからです。

まずはこのことを認識することが重要となります。

 

まとめ

以上、「影響力の罠に対する防衛法とは?」を解説させていただきました。

あなたもぜひ、気をつけてください。

 

━━━━━━━━

 ▼参考図書▼

━━━━━━━━

影響力の武器【第三版】なぜ、人は動かされるのか

ロバート・B・チャルディーニ 著

 

大成信一朗

良好な人間関係を作るのに大切な6つのポイント

大成信一朗です。

こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか

 

「良い人間関係作るのに大切なことってなんだろう?」

あなたはこんなことを考えたことはない?

仕事でもプライベートでも良い人間関係を作るのは大切ですよね。

でも、良い人間関係は一朝一夕ではできません。

では、どのような点に注意すればより良い人間関係を築くことができるのでしょうか?

 

今回はそんなあなたへ、書籍「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」から『主な六つの預け入れ』について解説します。

では早速いきましょう!

 

良好な人間関係を作るのに大切な6つのポイント

結論、次の6つが大切なポイントとなります。

  • 相手を理解する
  • 小さなことを気遣う
  • 約束を守る
  • 期待を明確にする
  • 誠実さを示す
  • 引き出してしまったときには心から謝る

この6つのポイントはどれも重要ですが、「引き出してしまったときには心から謝る」について解説します。


心から謝るとき重要なのが「相手が気の毒だから謝る」ではなく「誠意を持ってすぐに謝る」ということ。

本心から謝るには自分をしっかりと持ち、内面の安定性が不可欠です。

間違いを犯すのは問題ですが、それを認めないのはそれ以上に問題です。

ごまかすのではなく、誠意を持って謝ることを大切にしましょう。

 

まとめ

以上、「良好な人間関係を作るのに大切な6つのポイント」を解説させていただきました。

ぜひ、試してみてください。

 

━━━━━━━━

 ▼参考図書▼

━━━━━━━━

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

ティーブン・R・コヴィー 著

 

大成信一朗

まわりの人たちが同じ動きをしていると人は自分が知らない情報を持っていると勘違いしてしまう

大成信一朗です。

こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか

 

あなたはまわりにいる多くの人の行動が気になり、つい自分も同じ行動をしてしまったという経験をしたことはないでしょうか?

たとえば、どんなお店か知らないけど長い行列ができているから並ぶ、人だかりができている売場の商品をつい買ってしまうなどのことです。

実はここにも影響力の罠がひそんでいます。

ではなぜ、人はこのような行動をしてしまうのでしょうか?

 

今回はそんなあなたへ、書籍「影響力の武器【第三版】なぜ、人は動かされるのか」から「よく見わたすこと」について解説します。

では早速いきましょう!

 

まわりの人たちが同じ動きをしていると人は自分が知らない情報を持っていると勘違いしてしまう

結論、私たちはたくさんの人が同じ行動をしていると「自分が知らない情報を知っているのでは?」と考えてしまいます。

特に自分の考えに自信がないときはその影響を強く受けてしまうのです。

しかし、まわりの人たちが同じ行動をしているからといって、その行動が正しいとは限りません。

実は誤りの場合も多いのです。

なぜなら、まわりの人たちもまた、情報を持っているのではなく、まわりの人たちに影響を受け、同じ行動しているためです。

 

まとめ

以上、「まわりの人たちが同じ動きをしていると人は自分が知らない情報を持っていると勘違いしてしまう」を解説させていただきました。

あなたもぜひ、気をつけてください。

 

━━━━━━━━

 ▼参考図書▼

━━━━━━━━

影響力の武器【第三版】なぜ、人は動かされるのか

ロバート・B・チャルディーニ 著

 

大成信一朗

本当の意味での「自立」がないとより良い人間関係は築けない

大成信一朗です。

こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか

 

「人間関係作るのって苦手で。どうやったらうまく人間関係を築くことができるの?」

あなたはこんな経験をしたことない?

仕事でもプライベートでも良い人間関係を作るのは重要ですよね。

良い人間関係は仕事やプライベートの充実につながります。

では、どのような点に注意すれば、より良い人間関係を気づくことができるのでしょうか?

 

今回はそんなあなたへ、書籍「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」から『相互依存のパラダイム』について解説します。

では早速いきましょう!

 

本当の意味での「自立」がないとより良い人間関係は築けない

結論、実りある人間関係はかんたんに作ることはできません。

まずは自分自身が本当の意味で「自立」している必要があります。

この「自立」という土台があって初めて効果的な相互依存を築くことができるのです。

自分の内面や人格を磨き、成熟させることがより良い人間関係につながっていきます。

「まずは自分が自立する」ことを意識してみましょう。

 

まとめ

以上、「本当の意味での「自立」がないとより良い人間関係は築けない」を解説させていただきました。

ぜひ、試してみてください。

 

━━━━━━━━

 ▼参考図書▼

━━━━━━━━

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

ティーブン・R・コヴィー 著

 

大成信一朗

人はまわりにほかの人がいればいるほど行動できなくなる

大成信一朗です。

こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか

 

あなたは仕事でトラブルが起きたとき、率先して行動できているでしょうか?

「ついついみんながいると、自分がやらなくても大丈夫。」

こんなことを考えてすぐに行動ができないなんてことありますよね。

実はここにも影響力の罠がひそんでいます。

 

今回はそんなあなたへ、書籍「影響力の武器【第三版】なぜ、人は動かされるのか」から「死因は……不明(確なこと)」について解説します。

では早速いきましょう!

 

人はまわりにほかの人がいればいるほど行動できなくなる

結論、私たちは慣れていない状況になると、その場にいるほかの人たちのやり方に大きく影響を受けてしまいます。

たとえば、本書では大金持ちになった人物の例が載っています。

その人物はショッピングカートを発明したシルバン・ゴールドマンという人物です。

はじめ食料雑貨店にショッピングカートをおいても客は使いませんでした。

しかし、ショッピングカートを使う人を雇い、店内をまわってもらうことで他の客も使うようになったのです。

このように人は今まで経験したことがない状況の場合、まわりの人の行動を観察し、影響を受け、まねをして行動してしまうのです。

 

まとめ

以上、「人はまわりにほかの人がいればいるほど行動できなくなる」を解説させていただきました。

あなたもぜひ、気をつけてください。

 

━━━━━━━━

 ▼参考図書▼

━━━━━━━━

影響力の武器【第三版】なぜ、人は動かされるのか

ロバート・B・チャルディーニ 著

 

大成信一朗

【自分の能力を何倍にも活かす方法】全面的なデリゲーションが重要

大成信一朗です。

こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか

 

「人に仕事を任せるとき、どうしても細かく指示を出してしまう。」

あなたはこんな経験したことない?

仕事でもプライベートでも人に何かをお願いするとき、細かく指示を出さないと不安でしょうがないと思うことはありますよね。

しかし、これでは多くの人をマネジメントすることはできません。

 

今回はそんなあなたへ、書籍「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」から『全面的なデリゲーション』について解説します。

では早速いきましょう!

 

【自分の能力を何倍にも活かす方法】全面的なデリゲーションが重要

結論、人に仕事などを任せるときは手段ではなく、結果を重視するようにしましょう。

デリゲーションとは、権限を委譲することで相手に主体性を持って取り組んでもらうことをいいます。

手段は自由に選んでもらい、その結果に責任を持ってもらうようにするのです。

もちろん、最初は時間がかかります。

任される仕事に慣れていなければ、それは当然のことです。

しかし、全面的なデリゲーションを前向きに続けていれば、少しずつ成果に繋がっていきます。

 

まとめ

以上、「【自分の能力を何倍にも活かす方法】全面的なデリゲーションが重要」を解説させていただきました。

ぜひ、試してみてください。

 

━━━━━━━━

 ▼参考図書▼

━━━━━━━━

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

ティーブン・R・コヴィー 著

 

大成信一朗

【人がつい動かされてしまう力】他者がもたらす力について

大成信一朗です。

こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか

 

あなたは「まわりの人が持っているから」とか「お店の前に行列ができているから」というだけで、その商品を購入したことはない?

「ついついみんながやっていると自分もやってしまうんだよね。」

こんな経験をあなたもきっとしたことがあるはず。

しかし、ここにも罠がひそんでいます。

 

今回はそんなあなたへ、書籍「影響力の武器【第三版】なぜ、人は動かされるのか」から「他者がもたらす力」について解説します。

では早速いきましょう!

 

【人がつい動かされてしまう力】他者がもたらす力について

結論、私たちは「みんながやっているなら、その行為は正しい」と仮定してしまう傾向にあります。

たとえば、広告で「今、一番売れています!」「過去最高の興行収入!」などがあります。

これは商品の良さを説明しているのではなく、「他の人も良いと考えていますよ」と伝えているのです。

私たちは他の人が良いと考えていることを良いと仮定してしまう傾向にあるため、広告で出ている商品を購入してしまうのです。

もちろん、まわりの人が良いと考えているからその商品が良いとは限りません。

この他者がもたらす力をうまく見極めることが重要です。

まとめ

以上、「【人がつい動かされてしまう力】他者がもたらす力について」を解説させていただきました。

あなたもぜひ、気をつけてください。

 

━━━━━━━━

 ▼参考図書▼

━━━━━━━━

影響力の武器【第三版】なぜ、人は動かされるのか

ロバート・B・チャルディーニ 著

 

大成信一朗